運動再開前の状態、半年運動を続けてきた意味がありました

8月27日(日曜日)晴れ

怪我をした左足指の方も痛みが引いてきて、歩くのも大変だった状態から、ある程度スムーズに歩けるようになってきました。

明日からリハビリをする事に決めたのですが、今現在の足の状態をここにメモして残しておきます。

歩く時の感覚は、1週間安静したかいあって、歩くのにある程度支障がない状態まで回復した感じです。

歩くスピードはいつもよりもかなり遅く、ときどき左足を無意識にかばいます。

その状態で急いで歩こうとすると左足に痛みがでるので左足をかばった歩き方になってしまいます。

左足を手で触ってみると全体的に硬くなっている感じがしますし、左足の親指どころか人差し指や中指辺りにも違和感があり、付け根がしびれてる感覚があります。

親指の先の辺りには痛みがあり、親指を曲げようとすると多少痛みは出るものの少しは曲げられます。

ただ、もっと曲げようとすると激しい痛みが出てきそうで曲げる事ができません。

内出血の方は、左親指の側面にうっすら長く青あざの様に見えるのが残っている事と、親指のつめの辺りにはまだ内出血が残っている程度です。

怪我をした当日は親指全体が赤くはれ上がり内出血も酷く、触るだけで物凄く痛くなり、指を動かすことも歩くのも辛い状態を考えると大分回復しています。

骨折は避けられたように思えます。

無理をして歩いていたらもっと回復に時間が掛かったかもしれないです。

ここまで酷い怪我をしたのは本当に久しぶりです。

この状態から足を治した後、健康的に痩せるという目標もあるので大変です。

それでも今は運動をまったくせず安静にしているより、少しでも運動ができる方が嬉しいと思えています。

去年の自分は運動なんてまったくしてなくて動く事すら面倒に感じてた人だったんですがホンと不思議です。