床下浸水は水が引いた後も湿度が高くなる!163日目

大雨の影響は雨が上がってからが大変

7月9日(月曜日)曇りのち晴れ

今日は朝少しだけ雲が出ていたのですが、7時ぐらいにはもう、雲ひとつ無い綺麗な青空になっていました。

やっぱり晴れると気持ちがいいものですが、気持ちがいいのは早朝だけで、昼前ぐらいから気温がかなり高くなり32℃を超え、ピークには34℃の猛暑になってきました。

ただ多分昼前から暑くなるだろうなと予想はしてたので朝からバイクに乗っていきました。

朝の早い時期ならまだシンドクなる事も無くバイクがこげますね。

昨日から床下浸水の後処理を少しずつやってきたのですが、たった1日普段と違う事をやっただけなのに物凄く体が疲れたのです。

一応夜は眠れたのですが、朝目が覚めた時やっぱり疲れが残っていたという訳です。

ただ、今日も昨日と引き続き床下浸水の後処理をしたので、身体も疲れて朝以降はバイクに乗る元気も出てきませんでした。

床下浸水は湿度が高くなり気持ち悪い

あと床下浸水になって数日経って気づいた事があります。

床下浸水をしてしまうと、床下に常時湿気が溜まるので家中の窓を開けて風通しを良くする必要があり、そうなるとクーラーもつけれず外気温が高いと部屋の中が物凄く暑くなる事がある事と(扇風機は床下を乾燥させる為に使ってるので部屋の中で扇風機もつけれません。うちは壊れかけ含め計4台フル稼働です)外は確かに天気は良いのですが、床下が湿気ているからか室温は高く60%以上をキープしたままで室内が蒸し暑い時が結構あるというのはこの年になって初めて体験しました。

つまり床下浸水していると、いくら外が晴れて猛暑になっていようと、部屋の湿度は下がらないのでサウナの状態になる可能性があるという話です。そしてこれが結構きつい。

あと、夜は窓やドアを全部閉めるのですが、床下は開けているのでそこから湿気が上がってきて体がべたべたしますし、廊下も素足で歩いてるとぺたぺたするので、夜は夜で肌がべたついて気持ち悪いです。

畳上げの筋トレの影響で筋肉がうずく

そしてこれとはまた別の話になるのですが、今、この日記を書いてるのは7月10日なんですが、9日の夜寝る時には普段使わない筋肉を使ったからか、体がうずいて少しの間眠れませんでした。

まあ、筋力トレーニングをしているのは足だけなので、胸や腕の筋肉はホトンド使っていないため、こうなってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

と、こんな感じで今日は終わりました。

運動不足解消はできてるとは思いますが、災害時に体力が無いのはちょっと問題ですね。

今日のメニュー

体重 78キロ (服を着たまま)1分

6:10~6:30

7:40~8:00

合計 40分

トレーニング

・らくらく毛管運動 1回

・ストレッチングボード 1回

・柔軟体操 1回

・スワイショウ 4500回