ワールドカップサッカーを見ながらエアロバイクは快適!150日目

ワールドカップサッカーですっかりテンションが高くなる

6月25日(月曜日)曇りのち晴れ時々曇り

今日も蒸し暑い日となりました。

ただ今日は深夜に行われたワールドカップの日本対セネガル戦をNHKのネットテレビで見ながらトレーニングをしたので、エアコンをつけても汗は出てくるのですが、そんなに気にならずにトレーニングをする事ができました。

しかし、今回はよく引き分けたもんだと感心しました。

というのも試合では日本側のパス回しが通じない場面が何度かあり、前線でパスをカットされ反撃に出られて危ない場面が何回かあったからです。

また、後半にいくほどお互いにラフプレーが頻繁に出てきたのですが、どこかの国の様に後ろから足をかけたり、タックルするような危険な行為はほとんど無く、ほぼつかみ合いか体のぶつけ合いでのファールだったでそこのところは安心して見れました。

(ただ日本の選手がセネガルの選手の背中を完全に両手で押して倒した瞬間を映像で見てしまったのはやりすぎだとは思いましたが、怪我が無くてなによりでした)

例えばこれが足をかけられて倒れでもしたら酷い場合は骨折したり筋を切ったりすることもあるのですが、そういったシーンはほとんど見られず、稀にあっても心配するような事にならなかったのにはほっとしています。

あと印象的だったのが、始終セネガルに攻められて守りに終わるかと思って所が、日本側もかなり健闘してカウンターで相手ゴールに何度も攻め入ったのには感心しました。

実際に惜しいところでゴールが決まらなかった瞬間が何度もありました。

もちろん日本側も何度も何度も攻め入られたのですが、キーパーがよく踏ん張ってくれて失点を2点までに抑えたのも感心しました。

会場の雰囲気が圧倒的にセネガル応援一色で日本側はアウェイでやってるかの様な雰囲気だったのですが、それでも何度ゴールされても投げ出さずに踏ん張ったのは素晴らしい。(会場内アナウンスで何度もセネガルを連呼して煽ってましたし)

笑ったのが、今回のNHKのネット放送は外国の放送局の撮った映像をそのまま流してる感じだったのですが、ハーフタイムの時間が空いた時に、その外国の放送局はゴールシーンを編集して日本とセネガルのゴールを何度も何度も映像で流していたのですが、、、

そこでセネガルが日本にゴールしたシーンは、通常の速度で同じゴールシーンを角度を変えながら5回も6回も映し出した上さらにスローで追加で5回ぐらい角度を変えながら合計10回ぐらいセネガルのゴールシーンを映したのに対し、

日本がセネガルにゴールしたシーンは、通常とスローを合わせても、セネガルの半分の5回ぐらいしか映像に出さず、すぐに会場内の雰囲気をカメラで映していったのには笑ってしまいました。(セネガルのスポンサーが後ろに立ってたんでしょうかね?)

まあそれぐらい、そこの放送局もセネガルびいきだったという事でしょう。まあとびきりの日本びいきでないなら海外ならそういうもんです。

ワールドカップサッカーを見ながらトレーニングをしていたのですが、なんだかんだで1時間以上は見てた気がします。

たしか映像は試合に入るウォームアップ前から始まったので試合を含めると1時間30分以上みてたかもしれませんね。

ただ今回は日本が得点を入れて強敵と互角の試合をしていたから面白く見れたのかもしれません。

これが負け試合だったら、イライラしてトレーニングに身が入らなかったかも。

ただ次はポーランド戦です。

このポーランドも日本からすれば数段格上のチームになるので、場合によっては負けるかもしれない訳でまったく気を抜く事ができませんが、個人的には勝って欲しいと思っています。

しかし日本の居るグループHは格上ばかりなのによくここまでよい成績が出たものです。

実際に日本対コロンビア戦が始まる前は、外国人だけでなく日本人の多くが負けると予想していましたが、コロンビア戦の相手国の選手がゴール前でハンドをして退場になってしまった辺りから日本は勝つ流れを掴んだみたいです。

ただあのハンドは相手側からしたら痛恨のミスだとは思いますが、日本の選手が意図して相手にハンドを誘った訳ではないので完全な偶然でしょう。

そしてその偶然をものにし日本の流れにもっていけたのはひとえに日本サッカーの実力あっての事でしょう。この流れのままワールドカップ優勝まで駆け抜けてもらいたいところです。

今日のメニュー

体重 79.5キロ (服を着たまま)

16:35~16:55

17:55~18:15

合計 40分

トレーニング

・らくらく毛管運動 2回

・ストレッチングボード 1回

・スワイショウ 4000回