体の調子よりも運動継続を目安に頑張る!125日目

運動をしないよりかは少しでも動いたほうが良い

5月31日(木曜日)曇り

さて昨日の話のつづきなんですが、兄弟に聞いてみたところ、重い病気を持ってる人でも身体を気遣ってまったく運動をしないよりかは少しでも動いたほうが体にとっては良いという話を聞きました。

つまり、たとえ血圧の薬を飲んでいようが、まったく運動しないというのはダメで、動けるなら少しでも運動はした方がいいみたいです。

あと、血圧を下げる薬を飲んでいても(今回のうちの母の様に上が100以下になってしまった人は例外として)血圧が高い人で調子が悪い人は医者から貰ってる薬を自己判断で止めるのはよくないみたいですね。(血圧が高くても元気な人はまた話が変ってきますが)

個人的には高齢の人でも高くて160あたりなら薬は必要ないとは思うのですが、調子が悪ければ(本人の責任で)飲んだ方がいいかもしれませんね。

バイクをこいでると汗びっしょり

さて、多少調子が悪かろうが、じっとして動かないでいるよりも少しでも動いたほうが身体的には良いことがわかったので、今日もはりきって頑張って運動してみました。

ただやはりといいますか、気温的にはあまり高くは無いものの、湿度の方はかなり高いのでバイクをこいでると汗びっしょりになってしまいます。

実際に今日もハイペースでペダルをこいでみたのですが、20分を過ぎたあたりで気分が悪くなってきました。

まあ、汗が凄い事になってましたし、部屋の中が蒸してるような感じだったのでそれで気分が悪くなったのでしょう。

もともとわたしの胃腸自体も弱いので、ちょっとハードなトレーニングをすればすぐに気分が悪くなる体質なのはわたしも自覚していました。

キツイ運動をしたら吐きそう

今までは湿度が低く気温も低い環境で、ぜいぜい肩で息をするようなハードな運動はまったくしてこなかったので気分が悪くなる事はなかったのですが、これからは負荷をかけるトレーニングもやっていくので蒸し暑い日には気分が悪くなる日もでてくるかと思われます。

まあ水分はしっかりとっていますし、これからは食事以外の栄養補給についても考えているので、そこまで深刻な状態にまではならないでしょう。

しかし、運動をして気分が悪くなるなんて学生の時以来ですね。

今思うと学生の頃は胃腸がかなり強かったので、ハードな運動で気分が悪くなる事もあまりなく、気分が悪くなっても吐く事はまったくなかったのですが、今はちょっとキツイ運動をしたら吐きそうになってます。ホンとかなり体が弱ってますね~なさけない話です。

今日のメニュー

体重 78キロ (服を脱いで)

17:30~17:55

23:00~23:15

合計 40分

トレーニング

・らくらく毛管運動 1回

・ストレッチングボード 1回

・ストレッチポール 1回

・スワイショウ 1500回