熱中症に気をつけながら運動!ダイエット・運動不足解消110日目

引きこもりの運動不足解消

劣悪な環境でトレーニングをすることに

5月16日(水曜日)曇り

今日は暑かったですね~

いや、タダ単に暑いのではなく蒸し暑かったですよね。

しかも今日は朝からくもりがちで、昼過ぎてからは完全に太陽が雲で隠れてしまってたのですが、それでも気温が30℃近くありました。

ただそれでもからっと晴れた天気で30℃なら風が吹けばまだ過ごしやすい日となったと思うのですが、今日は曇っていて、しかも湿度が60℃を超え、風の方もなまぬる~い風が少し吹くだけで、なんかどこを触ってもぺたぺた引っ付くかんじという(個人的には)劣悪な環境でトレーニングをすることになってしまいました。

しかし、わたしの体調の方は実はそこまで悪い状態ではなく、確かに昨日よりかはちょっと疲れが出てるもののそこそこよい感じだったので、今日も張り切ってエアロバイクをこいでみました。

やっぱりだめでした

はい。

やっぱりだめでした。

感覚的にはそこそこよい体調だと思っていたのですが、たった30分間流す感じでバイクをこいだだけで、汗びっしょりになり、ちょっと気分が悪くなってしまいました。

もちろん水も飲んでますし、窓は開けっぱなしで風があれば風が入ってきてたのですが、なまぬる~い風に二階だからか、生暖かい空気が篭ってちょっとしたサウナ状態に。

いえ、実際には(湿度は高かったのですが)室温は30℃程度で、気温だけをみればそこまで暑苦しい室内にはなっていない気がするのですが、実際にバイクをこいでいくと、暑いのに汗がホトンド出てこず、後半になってやっと滝の様に汗が出始めて一気に体力が消耗してしまいました。

もちろん水はいつでも飲める状態にしてたので、ちょっとずつ飲んではいたんですが、なぜか変な汗のかき方をして疲れてしまいました。

医者から自律神経失調症だといわれてきた

ただ後から考えてみると、これは熱中症の症状ぽいですね。

例えば暑い中運動をしてるのに(水も飲んでるのに)汗が出ない状態だと、次第に身体の中に熱がどんどん溜まっていき場合によっては熱中症になって倒れる事があるのですが、今日はまさにこんな感じになっていました。

これが健康な人なら暑い時には汗が出るのが普通なんですが、わたしの様に汗が出ない場合は自律神経が失調しているからそうなる場合もあるみたいですね。

ただ、この自律神経の失調については、わたし自身何十年も前から医者から自律神経失調症だといわれてきたので今更慌てる話でもなかったりします。

まあそれは置いといて、水を飲んでても暑いのに汗が出ない場合は要注意です。

ただわたしの場合は、ペースを上げたり、逆にペースを落としたりして運動に緩急をつけてみたところ、ある時を境に一気に汗が吹き出てきたので熱中症にはなりませんでしたが、今の時期はある意味真夏よりも熱中症で倒れやすい時期なので普段以上に注意した方がいいかもしれませんね。

しかし、暑くて湿度が高いと、そこそこ調子が良いと思ってても注意してないといけないとは。

ただ健康な人ならこんな心配はまったく必要ないかもしれませんが、わたしの様な虚弱体質の人は、今の時期は気をつけたほうがいいかもしれませんね。

今日のメニュー

____________________________

体重 79キロ (服を着たまま)

0:00~0:30

13:50~14:20

15:25~15:35

合計 1時間10分

トレーニング

・らくらく毛管運動 2回

・柔軟体操 1回

・スワイショウ 700回

____________________________