体のコリは残ってるけど、体調は回復してきた!ダイエット・運動不足解消57日目

引きこもりの運動不足解消

多少体調が悪くても運動した方が早く改善

3月24日(土)晴れ

今朝目が覚めると腰辺りに関してはとくに違和感も無く体調の方も昨日よりかは幾分かましになっていました。

また、起き上がって動いても、とくに腰が痛くて歩けなくなる事も無く、肩こりは残っていますが、生活に支障が出るほどではなくなっていました。

やっぱり、多少体調が悪くても私の場合は運動した方が早く改善するみたいですね。

多分私だけでなく、運動不足ぎみの人はちょっと体調が悪い程度なら軽い運動ぐらいはした方が良いかもしれません。

腰で次に肩が辛い状態

さて、昨日の事を思えばかなり元気になったので、ここで少し自分の身体についてまとめてみようと思います。

実は昨日の私は本気で病院に行った方がいいのでは?と思うぐらい体調が悪かったのですが、体の中で一番キツかったのが腰で次に肩が辛い状態でした。

私の場合、腰が悪くなると背中が硬くなり、肩がこり、さらに目を酷使して目が疲れると首もこってきて頭痛が出てくる感じです。

そこでここでのポイントは、やっぱり腰だと思いました。

運動をして無い人は、私の様に腰周りの筋肉がほとんど無い状態の人が多いと思うので、その状態で急に運動をし始めるとどこかのタイミングで必ず腰痛が出てくるはずです。

この状態のままだといつ腰痛が出てきても

私の場合、毎日体重を量って今79キロなんですが、たぶん腰には40キロ以上の負荷がかかっている気がします。

そしてその腰を支える筋肉に力がほとんど無ければ、直接その40キロが腰の負担になるわけで、この状態のままだといつ腰痛が出てきてもおかしくないと思うんですよね。

で、私の場合姿勢も悪く猫背ぎみで肩こりがあり、最近までは背中が凝り固まって血の巡りがかなり悪い状態だったわけで、これで病気にならずに健康で居られる方が不思議だってレベルだったわけですが、そこで背中をほぐし、両肩の可動域を広げる運動をし、今は腰痛対策に腹筋トレーニングをしていますが、今まさに身体が正常になっていく過程でいろいろ悪い所がが一気に出てきてる感じです。

薬で痛みを麻痺させてしまう

そしてこの様に良くなっていく過程で体調不良になってしまった場合、どうしても鎮痛剤や薬に頼りがちになるのですが、そこで薬で痛みを麻痺させてしまうと、体のどこの部分が原因で痛みが出てくるのかわからないし、身体から悪いものが全部抜けて正常になったとしても、いつ身体が正常な状態になったのかが分からなくなってくるんですよね。

だからホンとは辛い時はずーっと寝ていたいところですが、運動不足の人は動かずじっとしていてはなかなか身体を正常な状態に持っていくことが出来ないので、今まで運動をしていなかった人ほど少しでも動いていた方が早く身体が回復する感じがします。といいますか今私はそんな感じです。

体の害にはならないかも

さて、エアロバイクの方なんですが、多少体調が悪くても、今の私の体力ならゆっくりこげば合計2時間以上こぐことは出来るみたいです。

実際に設定1で流すようなペダルのこぎかたをすれば、多少体調が悪くとも途中でしんどくて辛い状態にはならなかったので、その時の自分の体調にあわせたペダルのこぎ方をすれば体の害にはならないかもしれませんね。(といっても人それぞれ体の作りが違うので自己責任ですが)

まあ、健康になる為の運動をして怪我をしたり病気になってしまうのは本末転倒なので、これからも自分の身体を観察しながらバイクをこいでいこうと思います。

そこで個人的に大変なのは、その日の体調によって運動メニューをその都度調節していかないと後日筋肉痛や体調不良になってしまうのが面倒なところですね~まあそうなるまで運動を全くしてこなかった自分が悪いってだけの話ですが。

今日のメニュー

____________________________

体重 79キロ (服を着たまま)

10:00~10:30

14:30~15:00

16:00~16:30

18:25~18:55

合計 2時間

ウォームアップ 柔軟体操と腹筋トレーニングを時々する

クールダウン らくらく毛管運動 10分以上

時々、合掌合蹟と金魚運動を100回やる

ストレッチングボード 10分

ストレッチポールでころころする。

腹筋トレーニングをする。

股関節の柔軟体操をする。

____________________________