運動が少なくなって数十年も経つと体を作るところがめっちゃ大事!運動不足解消45日目

引きこもりの運動不足解消

もうまともに身体が動かせない状態

3月12日(月)晴れ

今日は久しぶりに遠く離れた土地に住んでる兄弟が家に帰ってきたのでいろいろ話をしました。

ただいろいろ話をしたといっても、今私がやっているエアロバイクこぎや柔軟体操の運動についての話です。

実を言うと私自身、子供の頃は結構ハードな運動をしていたものの、社会人になってからはもう何十年も運動をしてこなかった訳でして、そこで運動をし始めたからと言って勘を取り戻すどころか身体の動かし方すらすっかり忘れてしまっている状態で、正直言うとプロのトレーナーについてもらってレクチャーしてもらわなければ、もうまともに身体が動かせない状態に陥ってしまってたんですよね。

本当に病人の身体だと太鼓判

そこでスポーツジムに通うなんて積極的な行動は私は面倒でしたくなかったのですが、身内にスポーツジムに通って積極的に身体作りをしている兄弟がおり、しかも、運動不足解消にエアロバイクをおすすめしてくれたのもこの兄弟だったりするわけで、それで今回は直接アドバイスをしてもらったわけです。

さて、そこで個人的にはとても重要な事がわかったのですが、実際に私の体の柔軟性をそのスポーツマンの身内にみてもらったところ、とてもじゃないが健康な人の身体とは言えず、本当に病人の身体だと太鼓判を押されてしまいました。

まあ、これは前にもこのサイトの感想を聞いた時にも言われたのですが、実際に目の前で具体的に身体の柔らかさをみて、改めて病人だと再確認したみたいです。

と、人事のように書いていますが、これはそうとう不味い事です。

関節の曲がるところが曲がらず、伸ばすところが伸びないのですから、かなり不味い状態です。

このストレッチングボードを使って柔軟体操

そこで今回は久しぶりに家に帰ってきたという訳で、3つの柔軟体操を直接教えてもらい、さらに運動器具をひとつプレゼントしてもらいました。

これ↓

そしてその運動器具というのが、アサヒのストレッチングボードEVという名前のストレッチ器具です。

これは自分が使っていたのをもう使わないからという理由でもらう事になりました。

ただ、ストレッチングボードなんて乗った事が無いので調整の仕方すらわからなかったのですが、直接使ってた人に教えてもらえるとなると、やっぱり分かりやすいですね。

そこで調節してみた結果、私の場合は15度ぐらいからはじめるのがいいみたいです。

そしてじっさいに乗ってみて、どこまで曲がるか試してみたところ・・・

といった感じで、以前説明したような ヒ の字みたいになりました。

まあ、これほど身体が硬いという訳です。

さて、こんなにいいものをもらったので、今日からはこのストレッチングボードを使って柔軟体操もしていくことにしました。

具体的には、このボードの上に10分間立ち、その10分が過ぎたら前屈し、身体が安定してきたらそこから40秒から1分ぐらいその状態をキープして終わります。

あと、3つほど股間の柔軟性を高める体操を教えてもらったので、それもやっていこうかと思っています。

さてさて、これが毎日続けられたら、1ヶ月後ぐらいには少しは身体が柔らかくなってるはずです。

ちょっと期待したいですね。

今日のメニュー

____________________________

体重 79キロ (服を着たまま)

12:05~12:35

合計 30分

ウォームアップ 上半身を中心に柔軟体操

クールダウン らくらく毛管運動 10分以上

合掌合蹟 100回 金魚運動 100回

____________________________