運動不足で筋肉痛になってもお休みを取り過ぎない

筋肉痛が出てきました

今朝、目が覚めたら足が筋肉痛になっていました。

筋肉痛があまりにもひどいと動けなることもあります。

わたしは学生の頃、クラブでしごかれた時に実際に何度もなった事があります。

10代の子供の頃ならかなり回復力があるので、1日寝ればほぼ完全に治ってしまいます。

これが40代にもなると回復力がすっかり落ちてます。

筋肉痛も結構きついです。

肉体をピークにもっていけばいいのでかなり気楽

ただ伊藤昇先生によると、肉体のピークは60歳だそうです。(若くしてこの世を旅立たれたのですが、本を出されてたので今でも購入は可能です)

わたしは二十歳ぐらいが肉体のピークだと思ったのですが、60歳ならまだまだです。

でも、普段運動を全くしない運動不足の人が急に運動をするようになると、わたしの様に筋肉痛になります。

筋肉痛を無視して、さらに運動不足解消の為に!とかダイエットの為に!と無理して運動を続けていると、体の負担も大きいです。

運動をしているならまだしもこれから運動をする人はケガを避けるためにも、筋肉痛程度でも無理をしない方が良いです。

ただし、継続は必要です。

運動を休むクセが付くと続かない

筋肉痛がひどくなって、体を休めてとやるとだんだん面倒になります。

ルーティンで運動を決めているなら大丈夫ですが、体の調子に合わせてやるとなると気分によって変わるかも知れません。

といいますか、自分がそうでした。

筋肉痛になったとしても、運動はやめないこと。

運動のペースを落として他の筋肉のトレーニングを取り入れたり、ストレッチ優先にしたりします。

運動も重要、体を休ませる事も重要

トレーニング方法として下半身を鍛えたら、次の日は上半身という感じでトレーニングの部位を変える方法もあります。

筋肉トレーニングの場合はこれが大事だと思います。

今日は筋肉痛も出たので、ペースをかなり落とそうと思います。

エアロバイクは筋肉トレーニングではありませんが、何せ運動不足からのスタートなので少しゆるめにしています。

昨日の運動量を見てみたら、合計2時間のバイクこぎに、設定3の負荷で1分間×9セットもやっていました。

運動をやってこなかった人のペースではないので、今日は短時間にして回数も少なくしてみます。

運動に慣れてきた頃に調子に乗って運動量を上げすぎてしまい、筋肉痛になって休憩するつもりがそのまま運動をやめてしまったというパターンは避けたいです。

やりすぎない、でもやめない、このバランスをなんとか維持したいと思っています。