毛管運動に合掌がっせき運動も取り入れて疲労回復と柔軟性を高めていく!4日目

何か目標が無いと運動は続けにくい

1月30日(火)晴れ&曇り

さて、4日目です。

ここまではなんとか飽きずに続けて来れました。

でも、自転車(エアロバイク)をこぐというのも、大きな目標が無いと続けられないような気がしてきました。

どんな運動でも単調だと継続が難しいので、工夫しながらやっていこうと思います。

病気というレベルで筋力が弱っていた

今日からはエアロバイクこぎに追加して、2つほど筋力トレーニングをやってみることにしました。

「腕立て伏せ」と「腹筋運動」です。

実際にやってみたら、腕立て伏せが3回。腹筋なんて1度も起き上がれなかったです。

腹筋は上半身を浮かせておなか辺りを引き締める程度しかできませんでした。

このやり方でも10回が限界です。

これは運動不足というよりも、生きるのに必要な最低限の筋力しか無い状態です。

これはまずいので出来る範囲でエアロバイクをこぐ前に腕立て伏せと腹筋をしていこうと思います。

合掌合蹠(がっしょうがっせき)運動も取り入れる

エアロバイクをこいだ後に、クールダウンとしてらくらく毛管運動をしていますが、追加で「合掌合蹠運動」も取り入れて時々やることにしました。

これもネットで調べれば出てきますが、この毛管運動も合掌合蹠運動も西式健康法の中にある運動法のひとつです。

この運動の良いところは病人でも体力が無い人でも故障の心配なく運動できることです。

私は体が結構かたいのでちょっとした運動というかストレッチも大変です。

筋肉は少なくて脂肪ばかりなのに不思議です。

無理をしてストレッチをするよりも、体の固さに合わせてストレッチが出来ると有効のような気がします。

そこで病気の人やお年寄りでも出来るこの西式健康法に目を付けたわけです。

どこまで柔軟体操になるか分かりませんが、体をほぐすのには役立ってくれます。

運動を全くやってこなかった自分

前からやっている毛管運動は結構良いです。

足の疲労が取れるという情報もありましたが、実際結構楽になりました。

運動不足の塊のような状態で、それなりに運動を開始するようになった割には足が大変!ということもありません。

合う合わないはあると思いますが、やってみる価値はあります。

後は股関節の柔軟性も欲しいと思ったので、今回からは合掌合蹠運動もやっていきます。

そして腕立て伏せと腹筋ももちろん大事です。

続けないと意味が無いので、時間で決めるよりもペースで決めていこうと思っています。

今日のメニュー

体重 77キロ (服を着たまま)

設定1 30分

設定1 20分

設定1 26分 + 設定3 1分×4

設定1 20分 + 設定3 1分×3

設定1 20分 + 設定3 1分×2

腕立て 3回×2セット 簡易腹筋 10回×2セット

母 10分