運動不足の人が運動を始めれば足はだるくなる・痛くなる、そこで毛管運動を始めてみる

引きこもりの運動不足解消

運動開始2日目でヒザ関節あたりが妙にけだるい

自分はハッキリ言ってかなりの運動不足だとは自覚しています。

初日の夜はなんともなかったところが、2日目の夜に布団の中で眠ろうとすると足がうずきました。

ヒザ関節あたりが妙にけだるいというか、うずく感覚が出てきました。

まだ、寝られない!というほどではありません。

運動をしたあとの足のケアもしたつもりですが、それでも足がうずいています。

運動不足は運動開始後に実感することになる

エアロバイクに乗る時はストレッチは全然せず、ちょっとウォームアップをするぐらいでした。

そのかわり、エアロバイクをこいだあとは、柔軟代走をして、半身浴をして、足をもんだりしてました。

それでも足がうずくところを見ると、やっぱり運動不足がすごいんだなと実感しているところです。

運動時間をチェックすると、初日は合計1時間、2日目は合計1時間30分のエアロバイクです。

それでも足が疲労していることが分かります。

1時間2時間程度で足がだるくなるというのは、筋力の低下の証拠だと思います。

運動をしつつも足の疲労や故障予防に良さそうな運動として「毛管運動」というのをみつけました。

毛管運動って?

「毛管運動」についてはこちらの動画が良いと思います。

この毛管運動というのは、ネットで調べれば直ぐに出て来ます。

簡単に説明すると、この毛管運動をすることで手足の毛細血管(&グローミュー)を活性化させ、もし手足にキズや故障があるなら、自然に治すよりも早く治すことができる運動になります。

毛管運動をすると足の血行が良くなるので、第二の心臓と言われているふくらはぎにもよく血液が回ります。

足が弱ってる人でもこの運動をすることで足を元気に出来ます。

(うちの母にもおすすめしました。やってくれてるようです)

毛管運動は結構きつくて大変

毛管運動を基本のままの形でやると、大変キツイ運動なので長続きしないかもしれないです。

毛管運動には「らくらく毛管運動」というのもあります。

両足を壁につけて運動することで楽に毛管運動ができます。

早速、私も取り入れました。

上にも書いたように足の疲労が半端ではないので、とにかく疲労を取っておきたいのです。

運動不足からきている一面もあるので、運動をしながららくらく毛管運動もやりつつ、運動不足を解消していくことが目標になります。