口座振替依頼書の内容はこんな感じで出すと良いです。

金融機関選択で「口座振替依頼書での手続き」を選ぶと、手続きが完了した後、後日、カードと一緒に口座振替依頼書が届けられます。

口座振替依頼書には
・預金者名
・お届け印又はお届けサイン
・口座番号
・捨て印
・日付
・金融機関コード
・店番号
・処理No.
・収納企業使用欄
などがあると思います。


(↑クレジットカード申請画面へ移動↑)


書く必要があるのは、太線で囲まれた中だけです。

口座番号や支店名(番号)などは、通帳に書いてあるので、それを見ながら書くと楽です。

気になるのは、「捨て印」かもしれません。

捨て印は、書いた内容に間違いがあった場合に、担当者が訂正出来るようにするために必要です。

正式な書類は、書いた人間が訂正しなければだめだっていう決めごとがあるので、もし、送った書類に間違いがあった場合、手続きが完了できずに戻ってきます。

捨て印が無くても受け付けてくれますが、面倒はいやだって言う人は捨て印欄に銀行への届出印を押しておくと良いです。


(↑クレジットカード申請画面へ移動↑)


口座振替依頼書を書いた後は、本人確認書類をつけて送ります。

本人確認書類は、基本的に届け出している住所と同じ住所を書いてある証明書が必要です。

これらの書類は、全部コピーで大丈夫です。

こんな感じで提出する種類があります。(画像をクリックすると大きくなります)↓



運転免許証、パスポート、保険証、住民票などです。

これらには、本人の名前と住所が書いて(保険証については、自分で記載する)あるので、証明になるためです。

ただ、引っ越ししたとか、住所が前のまんまと言う人もいると思います。

そういう人は、現在の住所を証明してくれる書類が必要です。

そのために、電気や水道などで支払った領収書などの証明書類が必要です。

これも、コピーで大丈夫です。

とにかく、申請した書類に書いてある住所と本人であるという証明が必要なので、そういう書類が用意出来れば大丈夫です。

○金融機関選択
口座振替依頼書での手続き
※こちらを選ぶと、手元にカードが送られたときに、引き落とし口座を書く紙が一緒に来ますので、それに書いて送り返すことになります。


(↑クレジットカード申請画面へ移動↑)


目 次 で す

1.楽天のクレジットカードが何故選ばれるのでしょうか?
2.楽天のクレジットカードの特典はこれだから選ばれてます
3.楽天クレカの申請 第一段階
4.楽天クレカ申請「お申し込みご本人について」(手続きその2)
5.勤め先情報(収入のある人)
6.勤め先情報(収入のない人)
7.本人様収入・税込収入の書き方
8.口座振替依頼書の書き方
9.楽天クレジットカードの審査基準


(↑クレジットカード申請画面へ移動↑)

<1個先に進む)
(1個前に戻る>
サブコンテンツ

このページの先頭へ