座り仕事が多い人ほど腰痛と膝は一気に来る

ここでのお話は素人が自分で試行錯誤してたどり着いた一例ですので、それはよろしくお願いします。
腰が痛い、膝が痛い、こういうときは病院に行くのも一つですが、鍼と整体に行くと良いです。

腰痛と膝の痛みは、対処療法だけでは良くならないです(実感)。
最初に行き着いている結論からお伝えすると、腰痛と膝は適度な運動と適度な鍼が効果的です。

1年やってきて効果がありました。
ただ、ここに至るまで効果的だったことを整理していきます。

腰の痛みや膝の痛み、肩や首の痛みが出ていて、いい加減辛くなった頃に鍼に行くようになりました。

体が辛くなった原因として運動不足が大きいです

体の筋肉が固くなり、肩こりからくる頭痛のため頭痛薬ばかり飲んでいました。
運動するにしても時間も無いし、気持ちも入らなかったので対処療法です。

いよいよきつくなった頃に知り合いに鍼に行ってみると良いよってことでしたので、行ってみました。
すると、目から来ている、肩から来ている、腰から来ていると至る所が問題ばかり。

鍼に行くことで「その時は」かなり軽減されました。
でも、やはり1週間ぐらいすると復活してきます。

鍼の先生に言われたのは、かみしめといすの状態が良くないということでした。
かみしめについては、昼間は良いのですが寝ているときにかみしめているようです。

かみしめについてはストレッチをするようにしていました(今は面倒でやってないです)。

鍼で言われていたのは、目の負担が相当大きいということでした

ただ、仕事柄、目を使わない(パソコンを使わない)ということは無理なので、目のケアを重視して、今はこれを使っています。

裸眼・コンタクト両方使えます。
防腐剤が入っていないので安心です。
【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4



これ以外にもこれらも使っています。

【第3類医薬品】ロート養潤水α 13mL


【第3類医薬品】ロート新緑水 13mL


寝る前と起きたときに使うようにしてます。
あと、コンタクト用と知らなかったのですが、こちらも結構使ってました↓

【第3類医薬品】アイリスCL-Iネオ 0.4mL×30


一回使い切りで便利です。
これらの目薬は目の負担軽減のために定期的に使っています。
お金は掛かりますが、目の負担、肩への負担を楽にしてくれてます。

これで目のケアは良いとして、次は腰のケアです

腰については座る環境の改善をしました。
背もたれと座る部分です。

大抵の椅子には対応すると思います。

IKSTAR ランバーサポート 低反発クッション 骨盤サポート 腰まくら 腰痛対策 姿勢矯正 背当て 背もたれ 猫背 健康クッション ブラック


Meiz 新モデル取っ手付きメモリーフォーム座布団:U型座布団のアップグレート品、座骨神経痛と背中の下部の痛みを緩和すると医者さんが薦め、痔疾、前立線炎を対応、座る姿勢を正す、美尻クッション、椅子、車椅子、オフィス用柔らかい座布団 (ブラック) [並行輸入品]


確かに座り心地が良いです。
車などでも使えます。

また、腰に来やすい人にはストレッチボードも良いということで、これも使っています。
いろいろと種類がありますが、これががっちりしています。

30メモリまでありますが、私は最初16メモリから始めるぐらい堅かったです。(今は30メモリ。4ヶ月経過)
秦運動具工業 ストレッチングボード マルチSPキグ (40E1218) 選択 在庫


これはアキレス腱はもとより、足の裏側部分のストレッチに力を発揮してくれます。
一日に何回かやっていれば、徐々に楽になっていきます。
つまづきやすい人にも効果的です。

後は整体の先生から勧められた骨盤ベルトです。
骨盤ベルトをしていると骨盤の開きを抑えることが出来るようで、腰が楽になります。
(セルヴァン)CERVIN 3重式骨盤サポートベルト 日本製(BK-ブラック、M-L)


最初は鍼に数ヶ月通ってましたが、結局、鍼そのものも一つの対処療法です。

特に体の事については、整体が重要になります

整体で体のゆがみを取ることで、鍼の効果も高まりました。
鍼の後も相変わらず首や肩が痛く、腰も重かったのですが、整体に行くことで激変しました。

じゃあ、整体だけで良いのかというと、鍼は体のこまめなメンテナンス、整体は体の大枠のメンテナンスという感じです。
もっとひどい場合は病院も必要になります。

ちゃんとした鍼や整体ならば、状態によって病院を先に勧めてくれます。
私の場合は、この2つの手段(鍼と整体)で大分楽になりました。

ただ、最終的に体調が元に戻り始めたのは「適度な運動」になります

人の体の限界というか、いくら対処療法をやっても結局、ここに叶いません。
1日1時間半、仕事をするときは運動をするようにしています。

最初は運動量も少なかったですが、1ヶ月を過ぎたぐらいから大分楽になってます。
それに伴い、体の調子も戻ってきています。

もちろん、鍼にも行ってます。
整体は間を空けています。

腰と首・肩・膝が痛いときは、鍼と整体、そして、調子が戻ってきたら適度な運動です。
対処療法だけではお金が掛かりすぎるのもネックです。

どこかの段階で内側から回復させることで健康が戻ってきます。


【スポンサーリンク】