疲れすぎていると眠れないのですが、そういうときにはちゃんときっかけを与えてやる必要があります。


もちろん、気苦労や心配事、いろいろなストレスがありますが、そういう場合は同じ眠るといっても難しい面があります。


疲れているというのがどういう種類のものかってことですよね。


ただ、これらの中で共通していることとして、睡眠不足になると、知らない間に結構寝ているということです。


これはあなたが意識している以外の話です。


でも、その無意識に寝ているぐらいでは当然足りないので、体の負担はかなりのものです。


心配事などの疲れではなかなか眠れませんが、それでも疲れがピークにきていると、きっかけを与えることですとん・・・と眠ることができる場合があります。


まず、ポイントとしては、寝る環境をちゃんと整えてやります。


寝具もそれなりに眠りやすいものに替えてください。


こういうところに掛けるお金は捨て金にならないで済みます。


睡眠不足や疲れで体調を崩したり、事故をしたり、仕事でミスをするリスクを考えると、結局安い買い物になるので、その辺は結構意識的にお金を掛けたほうが良いです。


話を戻しますが、眠りやすい環境というのは、一つには体がくつろげる寝具です。


体がくつろげる寝具というのは、暖かすぎず、柔らかすぎず、体に負担のかかりにくい寝具のことです。


そして、そういう環境を整えた後、リラックスできるサプリメントを飲みます。


様々なサプリメントが出ていますが、どのサプリメントも体をリラックスさせてくれる作用をもっていますので、効果があります。


もちろん、寝るちょっと前に飲みます。


そして、寝るのですが、寝ようとはしないことです。


寝る環境を整えて、あとは寝るだけなのですが、あえてソファや椅子、床などで本を読んだりテレビをみたりします。


あなたが眠れない、という原因になっている一つに、寝ようとすることがあります。


寝ようとしてストレスを増やしているので、それを避ける意味もここにはあります。


あえて寝ようとせずに、別のことをやることで、ふっと眠くなる瞬間が来ます。


本当はそのまま布団に直行するのが良いのですが、まあ、最初のうちはその場で寝てしまっても良いです。


次の日大変ですが、それはそれで良いです。


大切なのは、きっかけを作ってやって「眠る」ということを体に教えてやることですので。


これをしばらく続けてやると、体の疲れも少しずつ抜けていき、あなたも眠れるようになってきます。


どんな寝具がよいの?と迷ったら、ちょっと高いですが体圧を分散してくれる敷布団がありますので、こちら紹介しています↓
「引き込まれる睡眠を作ってくれる、そんな敷布団」


きっかけ作りを手伝ってくれるサプリメントとして人気があるのはこちらです↓
ぐっすり眠って、すっきり朝を迎えるスヤナイトαはこんな感じ