このページでは、先ほど「勤め先区分」で「お勤めの方」を選んだ方が入力する場所になります。
(「お勤めされてない方」を選んだ方は、こちらから←クリック)


では、早速、参考の画像です↓



【必須】←の表示があるものは、入力しないと次に進めないです。

「お勤めの方」
○勤務先名(法人呼称)
 お勤めになってる会社に合わせてください

○勤務先名
 会社名を全部書いてください。

○勤務先名(ふりがな)
 数字は数字で書いてください。その他はすべて「ひらがな」で書いてください。

○勤務先所在県名
 現在、勤務している、働いている場所の県名を選んでください。
 「▼」をクリックするとずらっと出てきます。

○勤務先の電話番号(外線)
 携帯電話はだめです。内線番号は必要ありません。
 番号の間には「‐」を入れてください。
 「‐」は「はいふん」と入力して変換すると出てくる場合があります。

○勤続年数
 今の会社で働いてる年数を選んでください。
 大体で良いです。

○職種
 関係のありそうな分野を選んでください。
 わからない場合は、「その他」を選んでください。

○職業
 関係のありそうな分野を選んでください。
 わからない場合は、「その他」を選んでください。

○業種
 関係のありそうな分野を選んでください。
 わからない場合は、「その他」を選んでください。




(↑クレジットカード申請画面へ移動↑)




さて、次の参考画像はこちら↓


「預貯金額」について
○預貯金額
 大体の金額を選んでください。
 「▼」をクリックすると選べます。
 ※ここに記入する理由は、審査の中で、給与額などが不足と判断された場合に参考にされるようです。通帳を見せてくださいと言われるわけではありませんから安心してください。
 見栄ははらなくても大丈夫です。無ければ無いで。

「配偶者様」について
※この欄は【必須」ではないので、書かなくても良いです。
但し、カード申請に不安がある場合は、書いておくと良いです。

「世帯年収」について
○世帯年収
 一緒に住んでいる方全員の年収を書く欄です。
 ご自分だけの収入で生活しているということで、自分だけでもOK
 ※但し、カード申請に不安がある場合は、きちんと書いておくと良いです。
 よくあるご質問で「家族みんなの収入なんて分からない」という質問を受けますが、ご自分だけの収入の大体の金額でも十分です。または、大体これぐらいかな?って感じでもオーケーです。
 きちんと書くというのも、大体こんな感じというので良いです。
 調査されるわけではありません。

さて、まもなく面倒な作業も終わりに近いです。

「運転免許証」について
○運転免許証の所持、運転免許証番号の確認
 免許証が無い場合は、「なし」を選んでください。
 免許証をお持ちの場合は、「あり」を選択して免許証を参考に番号を書いてください。
 運転免許証が無くてもカードは作れますので安心してください。ただし運転免許証を持っているほうが、あなたの信頼度が確保されます。


大変お疲れ様でした。
「入力内容の確認」をクリックしてください。
この後は、細かい説明はありません。
書いてある内容を確認して、問題なければそのまま先に進んでください。


後日、楽天から電話が来る場合があります。(絶対ではありません)
所在確認のケースが多いです。
問題なければ、カード発行の処理がされます。

カードが発行処理されると、メールが届くと思います。
わくわくしていつ届くかと追跡サービスをチェックしても出ていない・・・なんてこともありますが、心配しないでください。
発行完了メールが届いた段階で取り消しはありません。
後は、楽天カード株式会社の方でカードを作り送る段階に入ってますので、待ってればちゃんと届きます。
心配しないでくださいね。


(↑クレジットカード申請画面へ移動↑)



目 次 で す

1.楽天のクレジットカードが何故選ばれるのでしょうか?

2.楽天のクレジットカードの特典はこれだから選ばれてます

3.楽天クレカの申請 第一段階

4.楽天クレカ申請「お申し込みご本人について」(手続きその2)

5.勤め先情報(収入のある人)

6.勤め先情報(収入のない人)

7.本人様収入・税込収入の書き方

8.口座振替依頼書の書き方

9.楽天クレジットカードの審査基準

【スポンサーリンク】