バスの運転手さんやタクシーの運転手さん、そしてトラックドライバーの人などは、ある意味、すごくエコノミー症候群って感じの職業です。


神経は使うし、時間には追われるし、おまけに動かない。


もちろん、こういった職業の人は適宜休みをとりますが、そんな休みで足りるわけがないです。


結局疲れたまま家に帰ってきて、お風呂に入ってそのまま寝てしまう。


長距離ドライバーの方であれば、それこそ車の中で寝ることになるので、どうしても環境が良くないです。


長時間座っていることから、背中やお尻などが人によっては硬くなってしまい、床ずれのような感じになる人もいます。


もちろん、本人の意識で体を動かすことが出来るので、ひどくなることはそんなにないですが、どうしても体に負担がかかっているという状況に変わりはないです。


こういう場合、本人が気をつけるだけでは足りなくて、家族の方のサポートもかなり必要です。


昼間気をつけることはご本人が気をつけていると思うので、それ以外のポイントとすれば、家での環境ですね。


といっても、何かをやってもらうっていうのは家族にも負担がかかりますし、本人もいやがります。


ただでさえお昼の疲れ、または夜の疲れがあるからです。


じゃあどうしたらよいかなってことになるのですが、一つには寝具を意識してみると良いです。


寝るときは誰でも布団やマットを使って寝ます。


よほど疲れてるときはソファとかで寝てしまう人もいますが、とにかく寝ますよね。


そういうときに、敷布団を意識してみると良いです。


敷布団にもいろいろとありますが、出来るだけ血流を妨げにくいものが良いです。


最近の敷布団には通気性抜群の敷布団もあれば、温度を一定に保ってくれる敷布団もあるくらいです。


運転手さんという職業をがんばっている人には、そんな敷布団の中でも、体の圧力を逃がしてくれる体圧分散の敷布団が良いです。


体圧というのは、要するに体重のことです。


体重は下に向かうのですが、そのとき敷布団と体は接触しています。


圧力というのは接触している面の部分から広がっていくのですが、その圧力のせいで血液の流れが悪くなり、硬くなっている体を余計に硬くしてしまう作用があります。


まさにそういう状況を緩和してくれるのが体圧分散型の敷布団となります。


そこそこの値段がしますが、それで体が楽になり明日もがんばれるのであれば、良い品ともいえますね。


一度は検討してみる価値はあるかもしれません。


「体圧分散型敷布団はこのサイトでもう少し詳しくお話しています」